プロダクトツール

Fullstory ロゴ

PendoのNPS、投票、利用データ、アナリティクスを使用して、アプリケーションに問題がある訪問者を特定し、関連するFullStoryセッション録画に直接リンクして分析が可能

FullStoryでユーザーのジャーニーを直接見ることで、Pendoでの分析を促進する体験をより深く理解することができます

FullStoryで摩擦点を見つけ、Pendo Guideの展開をすばやく最適化

FullStoryマニュアルインテグレーション

プロダクトチームは、迅速に摩擦点を見つけ、ユーザーの視点から問題を理解し、ユーザー体験を向上させるためにそれらを修正する必要があります。PendoとFullStoryが提携したことで、お客様が共同でこのプロセスを効率化できるようになりました。Pendoは、プロダクト体験全体にわたって豊富な分析機能を提供し、プロダクトチームがボトルネックやワークフローの摩擦点、タスク完了率の低下を特定するのに役立ちます。これらの洞察に基づいて仮説を形成したプロダクトマネージャーは、多くの場合、ユーザーがプロダクト内で遭遇した特定の課題をドリルダウンして確認する必要があります。これは、FullStoryのスケーラブルなセッションリプレイで可能です。問題が特定され、理解された場合、長期的な修正が計画され、開発されている間に、Pendoガイドを迅速に展開して問題をすぐに軽減することができます。これはPendoとFullStoryの統合による力です。