サポートに関する問題を発見して解決する
発見プロセスを改善し、顧客の課題を理解するために必要なデータを入手します。アプリ内でユーザーとコミュニケーションを取って問題を解決することで、サポートコストを削減します。
新規顧客のオンボーディング(利用開始支援)
Pendoのアプリ内ガイドが初めての顧客やユーザーにとって最も価値あるフィーチャーを強調し、価値実現までの時間を短縮する方法をご覧ください。
顧客がプロダクトをどう使っているかを理解する:パート1
使用されているフィーチャーと、全く使用されていないフィーチャーを把握しましょう。Pendoのダッシュボードにフィーチャーの定着化ウィジェットを追加します。ここで、顧客がプロダクトから最大の価値を得ているポイントを理解できます。
顧客がプロダクトをどう使っているかを理解する:パート2
ダッシュボードでフィーチャーの定着化を追跡し、各データが何を物語っているかを詳しく見てみましょう。
ユーザージャーニーを把握する
お客様がどのようにアプリケーションを使用しているかを分析し、ユーザー体験を向上させる機会を特定し、価値のあるプロダクト機能にお客様を導くことができます。
広範囲のユーザーからフィードバックを集める
Pendoフィードバックを使えば、すべてのフィードバックデータを簡単に一元化し、心に残る顧客体験を実現できます。
お客様に代わってフィードバックを送る
顧客の代わりに送ったプロダクトに関するフィードバックも一元管理できます。
プロダクト開発においてフィードバックを活用する
プロダクトに対するフィードバックを一元管理することで、プロダクトチームはそれを活用できます。
プロダクトロードマップを開発する
Pendoロードマップを使えば、プロダクトの方向性やビジョンを社内のチームに伝えることができるので、全員の足並みを揃え、今後への期待を持続できます。
セッションリプレイを基にロードマップを決定する
セッションリプレイを使用してデータの背後にある行動を確認することにより、ロードマップをより適切に決定できます。

ご紹介したいものがあります!

このプロダクトツアーを見るには、画面の幅を1024ピクセル以上に拡大してください。小さな画面でご覧になる場合でも、デモセンターでPendoの動作をご覧いただけます。

デモセンターにアクセス