Dispatch

DispatchはPendoを使ってプロダクトの利用率の向上を実現しました。

  • プロダクト
Dispatch logo

使用されたプロダクト:

Dispatchは、現場の作業員がスムーズに作業を開始し、仕事を遂行する支援をします。この実現のため、従業員管理ソフトウェアとホームサービス提供企業の管理ツールの両方として機能しています。

DispatchのプロダクトマネージャーであるSam Robinson氏は、自社のユーザーがプラットフォーム全体を十分に活用していないと感じており、アプリ内でユーザーをガイドするウォークスルーを提供するツールを探していました。そんな中、アプリ内ウォークスルーとアナリティクス機能を兼ね備えたPendoは、ひときわ彼の目を引きました。

Dispatchは、請負業者が自社プロダクトをワークフロー全体で利用できるよう支援することを目指していました。そしてPendoは、特定の顧客が使用していない重要な機能をDispatchが目立たせることができるようにしました。Pendoを使ってアプリ内でガイドを適切なタイミングで表示することで、主要機能の使用率は25%増加しました。

また、サポートやカスタマーサクセスなどの部署では、Pnedoガイドを活用して、エンジニアの助けを借りずにユーザーとやり取りをしています。