データ同期

プロダクトデータとビジネスデータの統合

チームの成果を取りこぼさないようにしましょう。データ同期機能を使えば、ビジネス上の意思決定にプロダクトデータを反映できます。

画像
世界中のリーディングカンパニーに信頼されています
OpenTableロゴ Oktaロゴ Labcorpロゴ Salesforce ロゴ McGraw Hillロゴ Morgan Stanleyロゴ Alarm.comロゴ Covetrusロゴ iRobotロゴ 顧客_ロゴ_黒_HMH Henry Scherin ロゴ Bright Horizonsロゴ Inforロゴ VerizonConnect ロゴ 顧客_ロゴ_黒_Pagerduty Zendeskロゴ Cisionロゴ
OpenTableロゴ Oktaロゴ Labcorpロゴ Salesforce ロゴ McGraw Hillロゴ Morgan Stanleyロゴ Alarm.comロゴ Covetrusロゴ iRobotロゴ 顧客_ロゴ_黒_HMH Henry Scherin ロゴ Bright Horizonsロゴ Inforロゴ VerizonConnect ロゴ 顧客_ロゴ_黒_Pagerduty Zendeskロゴ Cisionロゴ

ビジネスのための連データエコシステムの構築

画像
データソースの一元化
データエンジニアリングチームに負荷をかけずに、PendoのプロダクトデータをBIデータ分析の重要なソースにすることができます。すべてのプロダクトの使用状況データをクラウドストレージにエクスポートして組み合わせることで、一元化された信頼できる情報源を作成します。
より深い分析を引き出す
プロダクトデータをあらゆる重要なビジネスデータと結合し、BIツールを使用して、最新のデータ主導型組織レベルの分析を行います。
プロダクトのインサイトを適切な場所に提示
サイロ化されたデータはもうありません。データ同期を使用すると、経営幹部に至るまで、あらゆる部門がビジネスについて同じ認識を持つことができます。プロダクトデータを意思決定プロセスの中心に据えます。

実際にお試しください

ぜひお問い合わせください。専門家があらゆる質問にお答えします。
データ同期を始める

もっと詳しく知りたいですか?

データ同期がプロダクトのインサイトをビジネスの成果に結び付ける方法をご紹介します。
データ同期がプロダクトデータをBIツールに取り込む方法について、ブログでご紹介します。
Pendo、Google、Workatoのプロダクトリーダーが、連結したデータエコシステムについて語ります。
データ同期の仕組みについて概要を確認し、ビジネスを包括的に理解します。