PENDO PRODUCT CLOUD

プロダクトウォークスルー

パーソナライズされたウォークスルーでユーザーのオンボーディングを改善

Pendoのフィーチャーに関するプロダクトウォークスルー

ユーザーのエンゲージメントと教育

プロダクトの操作を習得するには、実際に操作してみるのが1番の近道です。プロダクトについてユーザーに説明する方法で最適なのは、アプリ内ウォークスルーを使用してタスクの完了方法を順を追って示すことです。Pendoを使用すると、アプリ内ガイドを自由に組み合わせて、オンボーディングやトレーニングのフローを構築できます。

ユーザーのオンボーディングを加速

多くの場合、プロダクトの最初の体験は最も重要です。限られた時間のなかでユーザーに価値を理解してもらうことができなければ、ユーザーは定着しません。Pendoを使用すると、さまざまなユーザーセグメントに合わせてオンボーディングをパーソナライズすることができるため、コンテンツが簡潔で関連性のあるものになります。紹介画面のカルーセルを作成したり、画面内の特定の領域を静止/ハイライトしたり、ユーザーのアクションでウォークスルーを進めるようにしたり、異なる画面間のステップを簡単に移動したりできます。

アプリケーションの大幅な変更についてユーザーをガイド

多くのアプリは、プロダクトチームが新機能を追加したり、使い勝手を改善したり、異なるプロダクトを合理化したり統合したりすることで、何度も大きな変化を遂げます。これらの変更は、それぞれプロダクト体験の向上を目的として設計されているかもしれませんが、ユーザーに知らされないままになる可能性もあります。アプリ内ウォークスルーは、プロダクトの変更点をユーザーに示し、プロダクトの新機能や改善された機能とユーザー体験の変更から最大限の価値を引き出すように導きます。

Pendo についてもっと詳しく知りたいですか?

ぜひカスタムデモについてお問い合わせください。