金融サービスでの PENDO

金融サービスと保険スタック全体でデジタル体験を向上させる

金融サービス会社や保険会社は、デジタル体験をシームレスかつ直感的にする必要に迫られています。最も賢明な企業は、ウェルスマネジメントCRMやローン組成プラットフォームから、モバイルバンキング、保険金請求や保険契約のソリューションまで、顧客や従業員とテクノロジーの関わり方を最適化し、ブランドロイヤルティの構築、従業員の効率化、収益の向上を支援しています。

Pendo_Product_shot-001

内部サポートチケットの削減

必要なときに必要な場所でコンテキストに沿ったヘルプを提供するアプリ内ガイドを使用して、従業員を大規模にサポートします。もしも、ファイナンシャルアドバイザーがウェルスマネジメントCRMに新規顧客を追加するのに苦労していることがわかっているなら、そのプロセスを説明するアプリ内チュートリアルを作成しましょう。この積極的なサポートにより、プラットフォームのユーザー体験が向上し、社内サポートセンターの負担が軽減されます。

効率と生産性の向上

保険会社は使用状況データを活用することで、代理店が保険金請求や契約に関するソリューションでどのような摩擦を経験しているかを特定することができます。ユーザーが保険証券を記述して契約を締結しようとする際に時間がかかっていることに気付いた場合は、最も効率的なワークフローを促進するアプリ内ガイドを作成できます。これにより、従業員は仕事をより迅速かつ適切に行うことができるようになり、より多くの保険を販売し、ビジネスにより多くの収益を生み出すことができます。

Pendo_Product_shot-002
Pendo_Product_shot-003

パーソナライズされたオンボーディングとトレーニングを大規模に提供する

アプリ内ガイドを使用すると、オンボーディングとトレーニングをソフトウェア内に導入し、従業員とリアルタイムでコミュニケーションすることができます。金融サービス業界は規制が厳しいため、ブローカーやアドバイザーにタイムリーな金融規制を伝えることが非常に重要です。企業は、最新情報やオンデマンドの資料をPendoのリソースセンターに保管し、ユーザーのニーズに基づいてコンテンツをパーソナライズできます。

より良いユーザー体験を提供

金融機関にとって、優れた顧客体験(CX)は、特に競合他社がデジタルファーストを強めている中、重要な差別化要因となっています。銀行は、データを使用して顧客がアプリをどのように利用しているか、最も価値のある機能を使用しているかどうかを把握することで、モバイルバンキングのCXを向上させることができます。その後、パーソナライズされたアプリ内ガイドを使用して、資産の譲渡や住宅ローンの承認などのタスクをユーザーに案内できます。

pendo_Product_shot-004
Pendo_Product_shot-005

顧客の解約を防ぐ

銀行は、忠実な顧客がどのアプリケーション機能を使用しているか、また、どのアプリ内行動が潜在的な顧客の解約を示しているかを特定する必要があります。ネットプロモータースコア(NPS)を使用すると顧客のセンチメントを理解し、NPSデータをプロダクトの使用状況と組み合わせて、どのアクションが高いスコアや低いスコアと相関しているかを確認できます。銀行は、アプリ内ガイドで重要なタスクを説明することで、解約に先手を打ち、不満を持つ顧客を引き付けることができます。

プロダクト主導になるということ

金融機関や保険会社が顧客を維持し、従業員が最高の仕事をするためには、プロダクト主導の考え方を取り入れる必要があります。

プロダクト主導になる方法の詳細を見る->

Pendoがどのように役立つかをご覧ください

チェックマーク

金融機関がデジタル体験を向上させる6つの方法

続きを読む ->

Pendo についてもっと詳しく知りたいですか?

無料のデモをご依頼ください。