SignalPath

SignalPathは動画を埋め込んだガイドで臨床研究を行う顧客のオンボーディングの効率化を実現

  • カスタマーサクセス
  • 学習とトレーニング

ユーザーのオンボーディングの効率化

使用されたプロダクト:

医学研究の高度化に伴い、研究者の仮説を検証し、新薬の安全性を判断する臨床試験も、ますます複雑になっています。

SignalPathのテクノロジーは、臨床研究者の臨床試験の立ち上げと管理のプロセスを合理化し、より容易に効率よく実施できるようにします。同社は急成長しており、最近シリーズBの資金調達ラウンドおいて1800万ドルを調達しました。

同社のラーニングエクスペリエンスデザイナーであるMarcus Southern氏は、2019年のPendoの年次ユーザーカンファレンスであるPendomoniumに参加した頃、オンボーディングとアプリ内サポートの改善に取り組んでいました。そこで、Pendoのガイドに動画を埋め込むことができることを知りました。彼のチームはそれまでにも、デジタル資産管理プラットフォームCincopaで、お客様や自社の従業員向けに数多くの説明ビデオを制作し、公開していました。

CincopaはPendoとシームレスに統合されているため、ツールチップガイドに動画を挿入できます。ユーザーがプラットフォーム上のさまざまな要素の横にあるアイコンをクリックすると、ツールチップガイドがポップアップ表示されます。動画にはPendoのリソースセンターからもアクセスできます、とSouthern氏は説明します。

 

PendoとCincopaの導入以前は、顧客やSignalPathの新入社員がサポートや新規利用向けのオンボーディングを必要とした場合、プラットフォームを離れ、行っていた作業を中断し、外部の学習管理システムで関連ビデオを探す必要があったと、Southern氏は語ります。あまり効率的ではない配信方法だったと、彼は振り返ります。

PendoとCincopaのインテグレーションについて、「お客様が当社のプロダクトから離れて必要なトレーニングを見つけなくても、ツールチップやリソースセンターをクリックするだけで、必要なビデオやウォークスルーを見つられるようにすることが目的でした」と、Southern氏は語ります。「私はそれを『ジャストインタイムトレーニング』と呼んでいます。」

このガイドを導入して以来、Southern氏はエンゲージメントと使用率の向上に注目しています。Cincopaのデータでは、より多くの人がより長い時間、説明ビデオを視聴しており、Pendoの利用分析でも、ユーザーがこのプラットフォームでより多くの時間を費やしていることが示されています。

まもなく、Southern氏のチームは、使用状況データに基づいてユーザーグループをセグメント化するPendoの機能を活用して、実行中のタスクに応じてビデオツールチップをターゲット化することを計画しています。

その他のお客様事例

  • 学習とトレーニング
  • UX

RaildiaryはPendoガイドを使用することで、現場作業員がアプリのインストールから使用方法の習得までをすばやく完了してもらえるようになりました。

  • カスタマーサクセス
  • プロダクト

アプリ内のウォークスルーを使用して新規ユーザーをオンボーディングすることで、サポートへの問合せ数が60%減少し、顧客の初月解約率は7%減少しました。