用語集
プロダクトやカスタマーサクセス関連の頭文字、専門用語などをまとめました。

用語集 / M / モバイルアナリティクス

モバイルアナリティクス

モバイルアナリティクスとは何ですか?

モバイルアナリティクスは、プロダクトアナリティクスの一形態です。この種類のビジネスインテリジェンスソフトウェアは、ページとフィーチャーのタグ付けを通じて、モバイルアプリケーション内のユーザーの行動とパターンを取得して可視化します。このデータは、モバイルプロダクト体験を改善し、モバイルアプリのエンゲージメントを高め、ビジネス成果を促進する方法を決定する際に役立ちます。

モバイルアナリティクスのデータを使用することで、プロダクトマネージャー(PM)はモバイルユーザーのエンゲージメントと満足度を効果的に追跡し、長期にわたって測定することができます。たとえば、モバイルアナリティクスによって次のことが分かります。

  • アプリのバージョン: 誰がどのバージョンのアプリを使用していますか?
    古いバージョンのアプリのユーザーは、新しいリリースで既に修正済みの問題を抱えている可能性があり、対処済みの問題を解決するためのサポートチケットやリクエストでチームを混乱させる場合があります。モバイルアナリティクスは、古いバージョンのアプリをまだ使用しているユーザーの数を特定するのに役立ちます。これにより最新バージョンにプッシュする対象範囲と緊急性を把握し、アプリ内で適切なアクションを実行することができます。
  • リテンション率:長期的には何人のユーザーがいますか?
    リテンション率は、アプリを最初にインストールまたは使用を開始した後で、アプリを引き続き使用しているユーザーの割合です。ユーザーがアプリを使用している期間と、使用が減少している場所を理解することは、ユーザージャーニー全体を理解し、最終的に最適化するための貴重なステップになります。リテンション率は、最初のリリース期間またはオンボーディング期間後に先細りになるのが一般的ですが、急激な低下は対処すべき重大な問題である可能性があります。
  • 機能の定着化:ユーザーはモバイルアプリの機能にどのように関わっているのでしょうか?
    機能の定着率は、アプリの新機能がどの程度受け入れられているか、ユーザーがその機能に価値を見出し、日々の生活に取り入れているかを示す優れた指標です。モバイルアプリの特定の機能をタグ付けすることで、アプリ内の特定のエリアや機能がどの程度頻繁に、また誰によって使用されているかを把握することができます。
  • コアイベント:ユーザーはモバイルアプリから価値を得られていますか?
    モバイルアプリの最も重要な機能やページ、トラックイベントをタグ付けすることで、ユーザーが意図したとおりにプロダクトを利用しているかどうかを評価することができます。Pendoでは、タグ付けされたこれらの要素やアクションをコアイベント と呼びます。コアイベントとは、ユーザーがアプリを有意義に使っているときに行う行動のことで、言い換えれば、ユーザーがプロダクトの価値を十分に実感し、リピーターになってくれるような機能を使っていることを指します。
  • ページのタグ付け:ユーザーはモバイルアプリ内をどのように移動しているでしょうか?
    モバイルページにタグを付けると、モバイルアプリのユーザーのフローと行動を理解できます。ユーザーが訪れたページと、各ページで行った行動を理解することで、ワークフローの合理化、ナビゲーションの簡素化、喜びの瞬間の構築など、ユーザージャーニーを向上させる機会を特定することができます。

モバイルアナリティクスツールで測定できるKPIの詳細については、電子書籍「追求すべきモバイルKPIトップ10(およびその理由)」をご覧ください。

モバイルアナリティクスが重要な理由

今日のユーザーは、自宅でも職場でも、Webでもモバイルでも、シームレスで直感的で快適なソフトウェアを期待しています。また、マルチスクリーンやマルチセッションのプロダクト体験の時代には、ユーザーがウェブベースのプロダクトとモバイルプロダクトの両方でどのように行動するか(また、それらの間でどのように移動するか)を理解した上で、モバイルファーストの考え方を持つことが、エンゲージメントを最適化するために不可欠です。モバイルアナリティクスは、企業がモバイルのユーザー体験を測定および改善するために使用できる基本的なデータレイヤーを提供します。

モバイルアナリティクスはどのように使用されますか?

多くのチームにとって、アナリティクスをモバイル技術スタックに組み込むかどうかの判断は、質問をすることから始まります。以下はその例です。

  • モバイルアプリのどの機能がユーザーに最も価値をもたらしているか
  • ユーザーはどのようにアプリ内を移動しているか
  • 古いバージョンのアプリを廃止すると、どのような影響が生じる可能性があるのか
  • バージョンの更新を何人のユーザーに連絡する必要があるか
  • ユーザーはジャーニーのどの段階で脱落したり行き詰まったりしているか

モバイルアナリティクスツールを使用すると、PMはユーザージャーニー全体を確認できるため、プロダクトがジャーニーを改善する機会を特定できます。また、これらのツールを使用してモバイルユーザーのアナリティクスを業務上の指標と関連付けることで、特定のモバイル機能が生産性の向上、サポートチケットやコールの減少、ユーザー満足度の向上など、ビジネスの成果にどのように影響するかを明確に把握できます。

モバイルアナリティクスとアプリ内エンゲージメントツール(ガイド、投票調査など)の両方を組み合わせたPendoのようなプラットフォームは、セッションやデバイス間のユーザー行動を理解し、それに対応することを目指すPMにとって理想的なツールです。

たとえば、古いバージョンのアプリを終了する準備をしているが、まずその影響を理解し、変更をユーザーに伝えるための戦略を作成する必要があるとします。モバイル向けPendoのアナリティクスは、古いバージョンのアプリをまだ使用しているユーザーを特定するのに役立ちます。その後セグメント化したユーザーに絞ってアプリ内メッセージで今後のアプリ終了を警告し、適切なアプリストアに誘導できます。これらのユーザーが最新バージョンのアプリを更新して開いたときに、カスタマイズされたオンボーディングウォークスルーを提供し、古いバージョンのアプリでは使用されていなかった新しいメリットや機能を紹介できます。

モバイルアナリティクスについて、もっと詳しく知りたいです。

モバイルアナリティクスについて詳しく知りたい場合は、次のPendoリソースをチェックしてください。