用語集
プロダクトやカスタマーサクセス関連の頭文字、専門用語などをまとめました。

用語集 / P / プロダクトアナリティクス

プロダクトアナリティクス

プロダクトアナリティクスとは何ですか?

プロダクトアナリティクスは、ビジネスインテリジェンスソフトウェアの一種で、イベントのトラッキング、イベントのプロパティ、イベントとプロパティのグループ化を通じて、ウェブやモバイルアプリケーションなどのデジタルプロダクトの使用パターンを取得し、可視化します。このデータは、プロダクト体験の向上、プロダクトエンゲージメントの増加、ビジネス成果の推進に関する意思決定に活用されます。使用状況データは、ユーザーアンケートやプロダクトテストのみよりも信頼性が高い傾向にあります。

なぜプロダクトアナリティクスが重要なのですか?

今日の企業は、顧客に最高のサービスを提供するために(そして顧客に確実に長く使ってもらえるように)、デジタルファーストの考え方を採用する必要があります。ソフトウェアユーザーは、アプリケーションを私生活と仕事のどちらで使っているかに関係なく、シームレスで直感的で楽しいツールを期待しています。これらの期待に応えることを任務とする企業にとって、デジタルプロダクトの改善は、ユーザーがどのようにそれに関与しているかを理解することから始まります。プロダクトアナリティクスは、企業がユーザー体験を測定および最適化するために使用できるデータの基本レイヤーを提供します。

プロダクトアナリティクスを使用するのは誰ですか?

プロダクトマネージャー、ユーザー体験(UX)デザイナー、グロース戦略担当者は、プロダクトアナリティクス(「クリックトラッキング」または「クリックパス分析」とも呼ばれます)を使用して、アプリ、ウェブサイト、デバイス内のデジタルインタラクションを追跡します。また、人事部門やIT部門のマネージャーは、従業員のオンボーディングプログラムの効果測定、生産性向上のための戦略立案、セキュリティなどの主要分野におけるコンプライアンス確保にも、アナリティクスを活用しています。

プロダクトアナリティクスはどのようなツールを提供するのですか?

どのようにデータをグループ化してクエリに使用するかは、プロダクトマネージャー、UXデザイナー、またはグロース戦略担当者にとって、プロダクトアナリティクスの役立つ度合いを大きく左右します。人事、変更管理、情報セキュリティなど、従業員向けの役割についても同じことが言えます。プロダクトの使用状況を理解する最も一般的な方法には、次のようなものがあります。

  • トレンド:特定のフィーチャーまたはページのエンゲージメントをグラフ化し、時間の経過と共にプロダクトの他の部分と比較するか、2つの異なる期間にわたるプロダクトの1つの部分とのエンゲージメントを比較します。
  • ファネル:プロダクトのフィーチャーとページの特定のサブセット全体で、各ステップでの離脱のレベルを追跡します。ファネル分析を使用すると、ステップの任意の組み合わせを任意の時系列で確認できます。
  • パス:特定のインタラクションの前または後にユーザーがたどるプロダクトジャーニーを、次のステップにどの程度進んでいるかを測定して表示します。ファネルとは異なり、パスには、一方通行ではなく考えられるすべての上流または下流のインタラクションが含まれます。

プロダクトアナリティクスを使用する必要があるのはなぜですか?

ユーザーインサイトとROI

つい最近まで、プロダクトの決定は、機能が予定どおりにリリースされているかどうかで評価されていました。プロダクトアナリティクスにより、プロダクトやUXのチームは、戦略やユーザーエンゲージメントの有効性、投資収益率(ROI)をよりよく理解することができます。アプリ内イベントの追跡から取得されたデータは、プロダクトのどの部分が、どのくらいの頻度で、誰によって使用されているか、また最も重要な成果につながるプロダクト体験の経路がどれかを、プロダクトチームが知るのに役立ちます。

IHS Markitでは、プロダクトアナリティクスを使って、どの機能がほとんど使われていないのかをピンポイントで特定し、その機能を廃止して技術的な負債を減らすことができるようにしています。また、プロダクトアナリティクスシステムからのデータは、どのユーザーがその機能にアクセスしていたかを理解するのに役立ち、そのユーザーと直接連絡を取って、同様の結果を達成するための新しいワークフローを見つけることができます。

成長と実験

プロダクトアナリティクスでは、仮説を立て、意味のあるエンゲージメントを測定するために次のような測定基準を解き明かします。月間アクティブユーザー(MAU) による定着率、日別アクティブユーザー(DAU)による定着率、長期にわたる収益率による粘着性、機能またはプロダクト全体の幅、特定のコホートまたはアカウントのユーザー全体の深さ、およびそれらがビジネス指標とどのように関連しているか。プロダクトアナリティクスにより、プロダクトマネージャー、UXデザイナー、成長戦略担当者、変更管理責任者は、課題や機会を観察し、計画を作成し、変更を展開し、成果を測定し、最小限の遅延や依存関係で反復処理を行うことができます。

デジタルトランスフォーメーションの成功

成功するデジタルアダプション戦略は、プロダクトアナリティクスを計画に組み込んでいます。堅牢なアナリティクスは、たとえば新しいプロダクトの機能を使用して、マネージャーが従業員の状態を確認するのに役立つだけではありません。また、チームはソフトウェア内およびソフトウェア全体の既存のワークフローと従業員の行動を分析して、将来のアプリの購入と推奨されるベストプラクティスに関する意思決定に役立てることができます。デジタルアダプション計画が企業の文化や習慣に適合していることを確認することで、マネージャーはその計画が成功する可能性を高めることができます。

プロダクトアナリティクスはどのように使用されますか?

プロダクトマネージャー、UXデザイナー、変更管理責任者にとって、プロダクトアナリティクスの活用は、質問に答えることから始まります。プロダクトアナリティクスで答えられる一般的な質問の例としては、以下のようなものがあります。

  • 体験の変更はエンゲージメントにどのように影響するか?
  • 結果を改善するために、どの機能を廃止する必要があるか?
  • インタラクションのどの組み合わせがコンバージョンに最も貢献しているか?
  • ポートフォリオ内の特定のプロダクトが他のプロダクトよりも粘着性が高いのはなぜか?
  • オンボーディング中に最も摩擦や漏れが多いのはどこか?

プロダクトアナリティクスツールを使うと、企業はプロダクトに関するインサイトをユーザーアナリティクスやその他のオペレーション指標と関連付けることもでき、プロダクトがどのように行動に影響を与え、サポートチケットの削減、生産性の向上、ソフトウェアに対する全体的なROIの向上などの主要なビジネス成果につながるかを明確に把握することができます。

プロダクトアナリティクスでは、どのようなデータを追跡するのですか?

プロダクトアナリティクスソリューションは通常、ユーザーインタラクションに関する2種類のデータを追跡します。 

  1. イベントのトラッキング:ユーザーアクションは一般に「イベント」と呼ばれます。イベントには、クリック、スライド、ジェスチャー(モバイルおよびその他のデバイスタイプの場合)、再生コマンド(オーディオおよびビデオの場合)、ダウンロード、ページの読み込み、テキストフィールドの入力が含まれます。イベントには、要素のタイプ、要素の名前、およびユーザーが実行したアクションが含まれます。イベントの一般的な例には、アカウントの作成、リストへの追加、フィードバックの送信、新しいユーザーの入力、レポートの実行、ダッシュボードの共有、オプションの選択、チュートリアルの再生、ビューの変更、およびオンボーディングの完了が含まれます。
  2. イベントプロパティ:追跡されたインタラクションの特定の属性を理解するには、イベントプロパティを使用します。プロダクトマネージャー、UXデザイナー、成長戦略担当者は、何かが起こったかどうかだけでなく、縦断的に分析したときに活動と影響を区別する文脈も気にします。イベントのプロパティには、時間、期間、回数、デバイス、ソフトウェアバージョン、地域、ユーザー統計、アカウント統計、要素の特性(色、サイズ、形状など)、ブール値(ログイン:はい/いいえなど)、カスタム属性(basic/pro/enterpriseなど)などの詳細を含めることができます。

プロダクトアナリティクスの起源は何ですか?

今日のプロダクトマネージャー、UXデザイナー、成長戦略担当者にとって、プロダクトアナリティクスは、プロダクトロードマップを構築し、イノベーションと継続的な改善を促進する鍵となります。これまでウェブのプロパティは、デジタルプロダクトとビジネス目標の関係性を示す指標(ページビューとセッション期間)によって判断されてきましたが、最新のアプリベースのウェブとモバイルインターネットでは、イベント、エンゲージメント、ジャーニーなど、より多くの情報や文脈に沿ったインタラクションが原動力となっています。

有意義なインサイトへの転換は、マルチアプリポートフォリオ(特にプラットフォームやデバイス全体)において特に重要な意味を持ちます。このポートフォリオでは、さまざまなプロダクトデータの追跡と相関関係によって、プロダクト戦略と成長を促進する設計、機能、実験が決まります。企業は現在、顧客向けに作成したソフトウェアだけでなく、従業員向けのアプリケーションでもプロダクトアナリティクスのメリットを享受しています。

デジタルアダプションにとってプロダクトアナリティクスが重要なのはなぜですか?

社員がソフトウェアから最大の価値を得ているかどうかを評価するには、社員がソフトウェアをどのように使用しているか、また、ソフトウェアの内部や全体でどのような障害が発生しているかを管理者が追跡できなければならないため、プロダクトアナリティクスはデジタルアダプションにとって重要なのです。今日の職場では、従業員によってアプリに対するニーズや問題点が異なります。摩擦を減らし、会社のチーム全体でソフトウェア体験を最適化するための最良の方法を見出すには、堅牢なアナリティクスが不可欠です。

プロダクトアナリティクスをどのように実装していますか?

プロダクトのすべてのデータの収集を自動的に開始し、遡及的に調査できるプロダクトアナリティクスソリューションを選択することが重要です。つまり、イベントにタグを付けて、答えを得たり行動を起こすのに十分なデータが収集されるのを待つのではなく、ソリューションを導入し、さまざまな疑問が生じたときに必要なデータにすぐにアクセスできるということです。

また、ユーザーフレンドリーなソリューションを選択することをお勧めします。これにより、組織内のすべてのユーザーがデータに簡単にアクセスでき、エンジニアの助けを借りずに簡単にインストールできます。

Googleアナリティクスはプロダクトアナリティクスに適したツールですか?

Googleアナリティクスは強力なツールですが、提供されるインサイトは範囲が限定されており、実際のプロダクトアナリティクスのユースケースよりもウェブ分析、SEO、およびマーケティング向けに設計されています。 

アプリ全体のユーザージャーニーのあらゆる側面を真に調べる機能はありません。また、関心のあるイベントに事前にタグを付ける必要があるため、ユーザーの行動をさかのぼって調べることはできません。また、Googleアナリティクスは、ユーザーの役割、会社、プラットフォームとの関わり方など、特定の基準に基づいてユーザーをセグメント化することもできません。

このような機能がなければ、プロダクトで改善できる点や最適化できる領域を真に理解することは困難です。

Pendoが理想的なプロダクトアナリティクスソリューションである理由は何ですか?

Pendoのプロダクトアナリティクスは、プロダクトをインストールした瞬間からプロダクトで発生するすべてのものをキャプチャします。アナリティクスはインストール日からさかのぼって機能するため、フィーチャーやイベントに事前にタグを付けることなく、必要なときにいつでもそのデータを呼び出すことができます。また、設定してインサイトの収集を開始するためにエンジニアのサポートは必要ありません。アプリにJavaScriptのスニペットをインストールするだけです。

Pendoのパス、ファネル、データエクスプローラ、プロダクトエンゲージメントスコアなどの機能により、収集したデータからカスタマージャーニーで改善できる、または最適化できる領域を発見し、ユーザーが摩擦に遭遇するスポットを発見して修正し、ユーザー行動に基づいてクロスセル/アップセルの機会を特定することが可能です。

Pendoは、Salesforce、Hubspot、Zendesk、Slackなどの他のさまざまなプラットフォームともシームレスに統合されています。

プロダクトアナリティクスについて、もっと詳しく知りたいです。

プロダクトアナリティクスをもう少し深く掘り下げたい方には、Elad Gil著『High Growth Handbook』やMichael Beasley著『Practical Web Analytics for User Experience』など、このテーマに関する書籍が数多く出版されています。また、Courseraでは、デジタルプロダクトマネジメントとアクショナブルプロダクトアナリティクスに関するオンラインコースを提供しています。Pendoは、プロダクトインサイトを収集し、機能の定着化を促進する方法に関する情報を公開しています。また、適切なデジタルアダプションソリューションがプロダクトアナリティクスをどのように活用するか、デジタルトランスフォーメーション(DX)を成功させるためにプロダクトアナリティクスが果たす役割についてのコンテンツも公開しています。

ユーザーを成功に導く方法を学ぶ - ツアーに参加する gif