用語集
プロダクトやカスタマーサクセス関連の頭文字、専門用語などをまとめました。

用語集 / U / ユーザー体験(UX)

ユーザー体験(UX)

ユーザー体験(UX)とは

ユーザー体験(UX)とは、ユーザーのニーズに応え、ユーザーが簡単かつ直感的に操作でき、素早く価値を得られるようなプロダクトを作ることです。ユーザー体験とは、文字通り、ユーザーがプロダクトをどのように体験するかということでもあります。

なぜUXが重要なのですか?

プロダクトチームは、ユーザーの生活を向上させるためにプロダクトを作りますよね。UXにより、それが可能になります。ユーザーがプロダクトを最大限に活用できるようサポートするのです。

また、使いやすいプロダクトを作ることは、現在のユーザーを定着させ、新しいユーザーを獲得するための最も確実な方法の1つです。使いにくいプロダクトでは、利用が伸び悩み、解約につながります。今日の競争の激しい市場では、ユーザーはよく練られて設計された、直感的なソフトウェアを期待しています。特に、彼らはビジネスアプリケーションも私生活で使用するものと同じくらい簡単に操作できることを期待しています。Forrester Researchのレポートによると、UXに1ドル投資するごとに、企業は100ドルのリターンを得ることができます。これは、9,900%という実に驚異的なROIです。

さらに、ユーザーがプロダクトからすぐに価値を引き出せない場合、機能の構築に企業が投資した時間とリソースは基本的に無駄になります。Pendoの調査によると、パブリッククラウドソフトウェア企業は、最終的に採用されなかった、または十分に活用されていない機能の研究開発コストに最大295億ドルを投資していることがわかりました。

プロダクトのUXを高めるにはどうすればよいですか?

  1. ユーザーを理解する:UXを高める方法を理解する上で、リサーチは重要な鍵の1つです。使用のコンテキストを理解することで、プロダクトを設計するときに予測できなかったパターンや傾向が明らかになります。UXリサーチは、インタビューからユーザビリティ調査まで、さまざまな形で行うことができます。ソリューションの設計に進む前に、まずここから始めましょう。
  2. ユーザーを念頭に置いた設計:ユーザーの意図と行動を理解することで、企業はユーザーを成功へと導くことができます。使いやすくする方法の1つは、ユーザーがアプリ内をただ彷徨わなくてもよいように、状況に応じてアプリ内ガイダンスを追加することです。ガイダンスでは、ユーザーが抱く可能性のある質問を予測したり、次の動きがどうなるかを予測したりできます。また、さりげなく、かつ最も必要とするセグメントにターゲットを絞って新機能を導入することも可能です。たとえばProcoreは、プロダクト内のコミュニケーション戦略を見直し、アプリ内ガイドを導入して、さまざまなセグメントのユーザーに状況に応じた関連情報を提供し、ユーザー体験をパーソナライズしています。

アプリ内ガイドでUXを高める方法とは

詳細を見る