製品エンゲージメント

プロダクト内での
ユーザー活動を促進する

プロダクトのROIを最大化

ハートアイコン

お客様がどの機能を採用し、
どの機能を無視しているかを把握

上昇傾向アイコン

価値があるにもかかわらず、
十分に活用されていない機能の
認知度を向上

ターゲットアイコン

顧客維持の目標を設定して、どの機能が継続性を促進するかを確認

Pendo 機能採用・機能活用ウィジェット

お客様がどの機能を採用し、
どの機能を無視しているかを把握

プロダクトにおいてユーザーが最も楽しんでいる要素を確認。価値を生み出す機能に重点を置き、廃止の準備が整った機能を優先事項から外します。

 
引用

「Pendo により、これまで不可能だった、機能の利用定着を定量化できるようになりました。」

価値があるにもかかわらず、
十分に活用されていない機能の
認知度を向上

認知度が低いために価値の高い機能をお客様が見い出せない場合の原因を特定します。ウォークスルーガイドとツール利用のヒント機能を利用して、プロダクトのもつ可能性をお客様が完全に理解できるように支援します。

 
引用

「ガイドを見たユーザーの機能使用率は 2000% も上昇しました。このようなちょっとしたアナウンスで大きな影響が見られるのは素晴らしいですね。」

Pendo 機能採用・機能ツールチップ
TechValidate 95%

機能の定着化

Pendo を活用しているプロダクトチームの 95% で、プロダクト/機能の定着化が増加しました。

検証済みソース: TechValidate

Pendo 機能採用・顧客維持率分析

顧客維持の目標を設定して、どの機能が継続性を促進するかを確認

セグメント間で解約率と追加収益率を比較し、機能がビジネス目標に与える影響を把握しましょう。ユーザージャーニーを最適化して、ユーザーの成功を促進します。

Sam Robinson氏、Dispatch、製品マネージャー

「当社での Pendo の活用例には、『小売ジョブ』(同社プロダクトの主要機能)を追加していないユーザーに対して、特定のボタンを強調することで利用を促すというものがあります。こうした取り組みにより、この1年だけで機能の使用量を25%増やすことに成功しました。」

Sam Robinson氏 | プロダクトマネージャー Dispatch logo

導入事例

OpenTable のマーケティングチームは、Pendo を活用することで顧客エンゲージメントを25倍も向上させたうえ、キャンペーンコストの削減も実現しました。

Marketo は、アプリ内メッセージ機能の導入に向け段階的なアプローチを取ることで、価値の高いインサイトを手に入れ、プロダクトエンゲージメントを向上

Pendo を使用したアプリ内メッセージで、Nelnet のウェビナー参加者は2倍になり、機能の定着率が200%上昇しました。