Glossary / F / Feature adoption

機能の定着化

機能の定着化とは何ですか?

簡単に言えば、機能の定着化は、ソフトウェアプロダクトの特定の機能の使用状況を測定したものです。ユーザーが定着する機能が多ければ多いほど、ユーザーはより多くの価値を受け取り、プロダクトを放棄する可能性が低くなり、機能の定着化はリテンションと拡大の重要な指標となります。

プロダクトの定着化と同様に、機能の定着化はユーザーアクティベーションの指標です。ただし、機能の定着化は、ログインではなく、特定の機能でのインタラクションによって測定されます。機能の定着化は通常、プロダクトの定着化と同じ方法(MAU、定着率)で表されますが、アクティベーションを定義する際の粘着性についても同様の考慮事項があります。 

機能の定着化は、ログイン数に対する相対値で測定されます:月間機能定着率(%)= [機能MAU / 月間ログイン数] x 100

機能の定着化が重要なのはなぜですか?

With the shift to subscription-based software licensing, software is no longer just purchased once–it’s purchased over and over again as customers renew their subscriptions, sometimes as frequently as every month. This makes it crucial for users to recognize the value of your product as quickly as possible, and continue receiving value on an ongoing basis. Each new feature represents an opportunity to add more value to your users’ experience–but only if they are aware of these features and understand how to make the most of them.

On the flip side, every feature that isn’t being used represents something a customer is paying for, but not getting value from. This lowers a customer’s perceived value and, ultimately, impacts their willingness to renew at the current service/price level, or even renew at all.

新しい機能の追加は、付加価値を高めるチャンスです。しかし、使われない機能は、逆効果をもたらすこともあります。このため、カスタマーサクセスマネージャーは、機能の定着化に集中することが多いのです。リテンションや拡大といった重要な指標は、価値実現までの時間の最小化が条件となるためです。使われていない機能にお金を払うことは、顧客が感じる価値を低下させ、最終的には現在の価格水準で更新する意欲を低下させたり、場合によっては完全になくなることになります。

機能の定着化の指標

機能の定着化アナリティクスでは、プロダクトマネージャーとカスタマーサクセスマネージャーの取り組みを、最も重要な機能の性能を向上させることに集中させます。機能のリリースを測定する場合、プロダクトマネージャーとカスタマーサクセスマネージャーは、次の4つの主要な機能の定着化アナリティクスの側面を考慮する必要があります。

  • 定着化の幅:ユーザーベースまたは対象ユーザーセグメント全体で機能がどの程度広く定着していますか?その機能は、対象ユーザーの大多数によって取り上げられましたか、それともごく一部にすぎませんか?新機能の魅力は、その定着化に表れます。
  • 定着化の深さ:主要なユーザータイプはどのくらいの頻度で機能に触れますか?望ましいプロセスを適用して粘着性を示していますか?予期しない方法で行動していますか?定着化の深さは、継続的なニーズや使いにくさとの関連性を示すことがあるので、よく観察して、可能であればフィードバックを求めることが重要です。
  • 定着化までの時間:顧客が新機能の使用を開始するのにどのくらい時間がかかっていますか?ある機能を知ったとき、ユーザーはすぐに試していますか?それとも数日または数週間待ってから使っていますか?機能の定着化が早ければ早いほど、既存の問題に対応できる可能性が高くなります。
  • 定着化の期間:ユーザーは、機能について学習した後、どのくらいの期間機能を使い続けていますか?数回試しただけですか、それとも数か月、数年単位で使い続けていますか?期間はリテンションと合致し、その機能が最初の目新しさを超えて本当の価値を提供しているかどうかを示すものであり、機能の更新が必要な時期を知らせるものでもあります。

The definition of success for these four measures will be different for every company, but you can use tools like product benchmarks to see how your feature adoption compares to companies of a similar size or stage. These metrics also present an opportunity to combine quantitative and qualitative data to understand why users are (or aren’t) adopting certain features, and what they think about a particular feature.

As you track the quantitative side of feature adoption with a product analytics platform, look for opportunities to collect feedback–bonus points if you can collect it while users are interacting with a new feature for the first time. By collecting feedback in-app, you’re more likely to get a response that reflects what customers thought about a specific feature right when they used it. With both types of data, product teams can get a more holistic view of feature adoption and which enhancements or changes will have the biggest impact.

Pro tip: Be sure to look at feature adoption at the user and account level. Measuring at the account level (i.e. for a specific company) will help you separate out any users who may not need the feature because of their role.

How can feature adoption rate be measured?

機能の定着化は、ログイン数に対する相対値で測定されます:月間機能定着率(%)= [機能MAU / 月間ログイン数] x 100

機能のお知らせは機能の定着化にどのように影響しますか?

新しい機能は、それを知らないユーザーベースでは、大幅な定着化は望めません。したがって、見つけやすさと発表のプロセスは、機能の定着化を促進するために重要です。ほとんどの企業はアップデートを知らせるために、ブログ、メール、SNS、顧客とのミーティング、アプリ内通知など、いくつかのチャネルを採用しています。

機能の定着化戦略の策定には、いくつかの考慮事項があります。1つ目は関連性です。ユーザーは、自分にとって重要なお知らせに反応する可能性がはるかに高くなります。すべてのユーザーに深く関連する機能はほとんどないため、お知らせは最も適切なユーザーセグメントに合わせて調整する必要があります。2つ目の考慮事項は、望ましい行動です。お知らせを読んだユーザーに何をしてほしいですか?お知らせを通知およびアプリ内ガイダンスとして配信することで、企業は新しいリリースが価値を提供しているかどうかを測定し、機能の展開に伴って発生することが多いサポートコストの急増を抑制することができます。

教育テクノロジープラットフォームのNelnetは、新しい学年が始まる時期に、税務目的で授業料明細を求める保護者からのサポートコールが増加していることに気づきました。ユーザーを年間の支払明細に誘導するためのアプリ内ガイドをチームが実装したところ、その特定の機能の定着率が200%増加しました。

これらの側面で定着化を成功させる要因は、ユースケースによって異なりますが、機能リリースの結果を評価する際には、これら4つの要素をすべて考慮することが重要です。

How to drive higher feature adoption rates

Measuring feature adoption is important, but it’s only half the story. Once you’ve collected data and formed insights around which features users are and aren’t adopting, there are certain tactics you can use to improve your feature adoption. Here are four ways we recommend:

  • Announce new features in-app: One of the best tools for announcing new features is your product itself. When you deliver feature announcements in-app using pop up guides or tooltips, you can ensure you’re reaching users when the information is most relevant. In the end, you want to make it as easy as possible for customers to find and use the new feature you’re promoting.
  • Make the value (and desired action) clear: As you create in-app messages or other communications about a feature, use straightforward language that makes it clear what the value of this feature is. Similarly, be sure to clearly state or point users to the next action you want them to take–whether it’s to immediately use the feature, read documentation about it, or watch a guided demo.
  • Drive adoption beyond the announcement: Once you’ve announced a new feature, the work doesn’t end there. Especially for features that are more intricate or require multiple steps in the workflow, it’s helpful to create in-app walkthroughs to guide users through the desired steps.
  • Target your communications: Since your product likely has different types of users (e.g. different roles at the company, permissions, or technical proficiency), not every feature will be relevant to every user. Because of this, you should segment your users and target in-app communications about new features for these various groups. For every feature launch, think about who the target audience is and how you might need to adjust your communication strategy for different types of users.

Where can I learn more about feature adoption?

For those looking to dig a little deeper into feature adoption, Pendo has published a blog post “The two sides of driving feature adoption” as well as content on how to take a product-led approach to feature adoption.