Glossary / D / Digital adoption

デジタルアダプション

デジタルアダプションとは

デジタルアダプションとは、ユーザーが新しいテクノロジー(ソフトウェアプロダクト、アプリ、ウェブサイトなど)を最大限に活用し、デジタルプロセスやソリューションから最大の価値を引き出すことを学ぶプロセスです。

デジタルアダプションは、テクノロジーだけでなく人間にも焦点を当てたプロセスです。ユーザーの生産性を高め、ユーザー体験を向上させ、ソフトウェアの最適化を図ることを目的としています。成功したデジタルアダプション戦略は、これら3つの柱の交点に位置し、効率的で成熟したデジタルワークプレイスで結実します。

デジタルアダプションが重要なのはなぜですか?

Pendoがスポンサーを務めるHarvard Business Review Analytic Servicesの2021年のレポートによると、89%の経営者が従業員向けソフトウェアの定着を促進することが優先事項であると答えていますが、自社がそれを効率的に行っていると答えたのはわずか30%でした。企業は、調達したデジタルツールを、従業員ユーザーにも顧客ユーザーにも確実に定着させなくてはなりません。社内ソフトウェアのデジタルアダプションは通常、従業員の生産性の向上で測定されます。一方、顧客向けのデジタルプロダクトは、さまざまなビジネスKPIや、先進的な組織ではプロダクト体験の目標に対して測定されます。

デジタルアダプションにはどのようなメリットがありますか?

デジタルアダプションの最も明白なメリットの1つは、企業が構築または購入したテクノロジーのROIが向上することです。しかし、デジタルツールの定着化が成功すれば、さらにビジネス全体にプラスの影響をもたらします。ユーザー(顧客、従業員、またはその両方)がテクノロジーの価値を最大化することで、ユーザーはより幸せになり、生産性が向上し、ユーザーであり続ける確率が高くなります。ここでは、デジタルアダプションのメリットとして代表的なものをご紹介します。

    • ワークフローと社内業務の効率化
    • 生産性の向上
    • テクノロジーに対するユーザーの不満の軽減
    • 顧客満足度、従業員満足度の向上
    • コスト削減

デジタルアダプションとデジタルトランスフォーメーションの違いは?

簡単に言うと、デジタルアダプションはデジタルトランスフォーメーションの一部で、進化する需要に適応するためにソフトウェアを使用するプロセスです。たとえば、ソフトウェアソリューションが手動プロセスに取って代わる場合、従業員がかつて手動で行っていたことを新たにデジタル化した状態に移行できて初めて、完全なデジタルアダプションが実現します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)において、デジタルアダプションはどのような役割を担っているでしょうか?

従業員による業務ソフトウェアの定着化に成功している企業は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みが成功する可能性が非常に高い企業であると言えます。さまざまな要素の中でも特に、デジタルトランスフォーメーションが成功すれば、従業員は自信を持ってデジタルツールを使いこなし、職場で活躍できるようになります。また、従業員が変革の当事者となることで、ビジネステクノロジーやオペレーションの管理者にフィードバックがもたらされ、新しい優れた仕事のやり方が示されるため、このプロセスが今後のデジタル変革の計画をより良いものにするための情報源となります。

デジタルアダプションの事例を教えてください。

デジタルアダプションの成功例は、企業の性質や目標によって大きく異なります。しかし、そこには常に従業員がデジタルツールを受け入れて使用することが伴い、最終的には従業員体験の向上とより強力なビジネス成果に結び付きます。たとえば、商業用不動産会社の大手企業であるJLLは、社内向けの市場調査アプリやデータ可視化アプリの新機能の認知と定着率の向上を、アプリ内通知と強力なアナリティクスによって成功させました。そうすることで、アプリに対するユーザーの満足度を細かく把握し、長期的に評価を向上させることができました。健康と衛生のグローバルリーダー企業であるEssityは、ユーザーのオンボーディングを自動化し、アプリ内ガイダンスを使って営業担当者に重要なプロセスを説明することで、デジタルアダプションを推進することができました。

デジタル導入を増やすにはどうすればいいのか?

プロダクトを可能な限り直感的に操作できるようにすることに加え、企業のユーザーベース全体でデジタルアダプションを促進するのに役立つ、次のような戦略があります。

    • オンボーディング:効果的なオンボーディング戦略を構築することで、ユーザーができるだけ早くアプリケーションを使いこなせるよう支援するだけでなく、ユーザーにプロダクトの価値を認識してもらうことで、リテンションの向上と解約防止に役立てることができます。
    • アプリ内ガイダンス:ユーザーがプロダクトを使用しているときにコンテキストに沿った情報を提供するために、多くの企業はアプリ内メッセージを使用して適切なタイミングでコミュニケーションを行い、ユーザーを成功に導いています。Cartegraphはアプリ内メッセージを使って、現場の作業員が作業を効率的に完了できるような行動をアプリ内で促しています。このガイドをモバイルアプリに導入してから6か月後、モバイルでの定着率が62%増加しました。
    • 継続的な教育:デジタルアダプションは継続的なプロセスであるため、オンボーディングが完了した後も、特にプロダクトのリリース、変更、更新があった場合には、ユーザーへの教育を継続することが重要です。

今日、多くの企業がこれらの手法を効果的に実装するために、デジタルアダプションプラットフォームに目を向けています。

デジタルアダプションプラットフォームとは

デジタルアダプションプラットフォームは、他のソフトウェアプロダクト、アプリ、ウェブサイトの上に階層化されたソフトウェアで、ユーザーがプロダクトを操作する際に重要なタスクを案内し、コンテキストに沿った情報を提供することで習熟を促進するものです。これらのツールは、新しいユーザーがアプリケーションにすばやく慣れ、習熟するのに役立つだけでなく、新しい機能の定着化を促進するための継続的な教育を提供します。

デジタルアダプションに関する詳細はどこで確認できますか?

デジタルアダプションとDAPをさらに深く理解したい方のために、Pendoはプロダクトと機能の定着を促進し、結果を測定する方法に関する情報を公開しています。