用語集
プロダクトやカスタマーサクセス関連の頭文字、専門用語などをまとめました。

用語集 / P / プロダクトロードマップ

プロダクトロードマップ

プロダクトロードマップとは何ですか?

プロダクトロードマップは、顧客、見込み客、パートナー、内部関係者とのコミュニケーションを促進するための、プロダクトの方向性についての視覚的な概要です。

プロダクトロードマップはどのように使われるのですか?

プロダクトロードマップは、コミットメントの表明というよりも、一般的なプロダクトの方向性を示すものであり、市場やビジネスの状況に応じて変化していくことが期待されます。この精神から、プロダクトロードマップは生きたドキュメント、つまり頻繁に変更される可能性がある一時点でのスナップショットとして捉える必要があります。時間軸が遠くなればなるほど、公約の信頼性は低くなります。たとえば、ロードマップ項目は3か月後であれば比較的目標に近い場合がありますが、6、9、12か月となると徐々に信頼度が低くなります。同様に、これらの初期の目標では忠実度が高くなる傾向があるのに対して、後期の目標は次に何が起こるのかというテーマ性の高い見方をしたものです。

プロダクトロードマップはプロジェクト計画とどう違うのですか?

プロジェクト計画とは異なり、プロダクトロードマップは、プロダクトの細かい詳細ではなく、ビジョンとテーマに焦点を当てた高レベルの成果物です。しかし、さまざまなオーディエンスに適した可視性と詳細のレベルがあります。たとえば、お客様が見る必要があるのは見込み客以上のものかもしれませんし、売り上げよりもカスタマーサクセスかもしれません。

企業はプロダクトロードマップをどのように管理していますか?

プロダクトロードマップを作成および管理するための多くの商用ツールがあります。Pendoは、Aha!、ProdPad、ProductBoard、ProductPlanおよびその他を含むベンダーと同様に、この分野でいくつかの機能を提供しています。多くの企業では、いまだにPowerPointやConfluenceなどの汎用ツールを使用してプロダクトロードマップを作成および管理していますが、時間の経過とともにドキュメントが更新され、異なるオーディエンスに合わせて変更されたりするため、扱いづらくなっていることがよくあります。たとえば、Black Diamondは、Pendo Feedbackを使用して、ロードマップと顧客フィードバックの収集プロセスを完全に再設計し、時代遅れのスプレッドシートをなくし、自動化のレイヤーを追加しました。

Pendoならロードマップを中心に関係者と連携できます

詳細を見る